口コミで評判!声優を目指す上で要チェックな情報サイト

声優プロダクションのオーディションは難しい?

仕事獲得のためのオーディションもありますが、プロダクション(事務所)へ所属するためにもオーディションに合格する必要があります。

声優人生の第一歩目となる声優プロダクションへの所属。今回は、合格するために必要なことを解説します。

 

声優プロダクションとは?

声優になるための道はいくつかありますが、未経験の場合、まず声優養成所へ入学して実力を着けることからはじめます。

声優プロダクションとは、声優養成所の運営母体となる会社です。プロダクションに所属する声優を育てるために声優養成所を運営し、優秀な生徒はそのままプロダクション所属が可能な仕組みになっています。

ですが、必ずしも声優養成所に所属しなければならないわけではありません。各プロダクションのHPには、応募フォームがあり随時募集をしています。また、系列の声優養成所に所属していたとしても、プロダクションの採用基準を満たしていなければ所属はできません。

声優養成所へは簡単に入学できても、その先のプロダクション所属は技量がないと難しいのが現状です。つまり、一般公募での応募も、声優養成所系列でのオーディションも、採用基準という点においては同じ土俵で勝負をすることになります。

面接官やスカウトの目を引く逸材であれば、どのような応募の仕方をしてもオーディションに合格できるでしょう。

 

声優プロダウションのオーディションとは?

オーディションの流れは主に以下です。

<一時審査>
・履歴書
・潜在写真
・ボイスサンプル

<二次審査>
・面接
・自己PR
・実技試験/特技披露
・質疑応答

あくまでおおまか流れと内容ですが、一次審査では書類選考、二次選考では面接と認識しておいて良さそうです。プロダクションによって異なりますが、書類選考の段階でボイスサンプルの提出を求められる場合があります。

声優の名刺代わりとも言われているボイスサンプル。自己紹介はもちろん、指定がなければ自由にナレーションやアフレコなどをイメージした声を披露できます。声の質、表現力などを審査する参考資料となるでしょう。

 

オーディション合格のために必要なこと

オーディションに合格しなければ、声優としてのスタートラインには立てません。とはいえ、合格するためにはプロダクションが求めている採用基準を満たす必要があります。声優は個人の技量次第で仕事が決まる職業でもあるため、まずは自分のスキルを高めましょう。

加えてオーディション対策もおこないます。いくら技量を高めても本番で発揮できなければ合格できず、チャンスも掴めません。またオーディション対策には、審査をしてくれる専門家の視点が必要です。評価をするのはプロダクションの審査員ですから、自己満足では不十分なのです。

そんなとき心強い存在になってくれるのは、声優養成所の講師陣でしょう。プロとして数々の作品に出演している声優が、審査員役で面接指導をしてくれるのはありがたいです。もらったフィードバックを元に改善を繰り返し、合格に必要な能力を培うのが合格への近道です。

正解がないゆえに、モチベーションを保つことが難しいオーディション対策。だからこそ自分の技量を磨く努力をし続けるしかありません。プロダクション所属に向けてがんばってくださいね。

サイト内検索
記事一覧