口コミで評判!声優を目指す上で要チェックな情報サイト

声優養成所選びは提携プロダクションの多さがポイントになる?

声優養成所に行くということは、将来は声優として働きたいと思っているということになります。

そのため卒業後にプロダクションに所属できるかどうかはとても重要なことであり、その後を左右するものになります。

提携数が多ければそれだけチャンスもあり、所属できる可能性もその分だけ大きいです。

それも踏まえて、声優養成所を決めることが大切になります。

 

声優養成所で基礎的な力を蓄える

声優になるにはそれぞれのオーディションを受けて合格して、初めてその仕事を行うことができます。

しかしどのようにしゃべるかわからない素人では、オーディションに合格することが極めて難しいだけでなく基本的なこともできていないことが多いです。

よって実力をつけるために声優養成所に通い、しっかりとした力を身につけることが重要になってきます。

養成所によってもレッスンの仕方が違っており、全日制であったり週に1から3回ほど行うところもあるなど、どこに通うかによって違いが大きいです。

実力を付けるにはどのようなレッスンが行われているかを把握することも大事ですが、その後の声優として働きたい場合には提携しているプロダクションの多さも選ぶ際のポイントになります。

2社くらいでも多い方ですが、中にはそれよりも多いところもあります。

どこのプロダクションとも提携していない声優養成所もあるので、通う前にはしっかりと確認しておきたい点です。

そうすることで将来的な可能性も広がるので、疎かにしないようにしましょう。

 

プロダクションに所属することで仕事の幅が広がる

声優養成所でしっかりと学んだからといって、卒業して声優になれるわけではありません。

各仕事のオーディションに受かって初めて仕事ができるわけですが、実力が備わっていないものがフリーの声優になっても成功できる可能性は0に近いです。

なので仕事の幅を増やすためにも、プロダクションに所属することが大事になります。

所属することは業界で一定の信用を得るためにはどうしても必要なことであり、オーディションの情報を得たりや所属していなければ受けられない仕事をできる可能性があります。

プロダクションに所属するといっても、そのためにはオーディションがあり、それに受かることが大事です。

その際に声優養成所がプロダクションと提携していると、所属できるチャンスが増えることになります。

養成所の運営はプロダクションが行っていることも多く、そこの事務所であればデビューの可能性も増えます。

 

プロダクションの方向性も重要になる

一言に声優といっても様々なものがあり、アニメや映画の吹き替えにナレーターなどジャンルも様々です。

そのためどのような声優になりたいのか目的がしっかりとしているのであれば、声優養成所を選ぶときもその点をはっきりさせておくことが大事です。

提携しているプロダクションによっては、自分の方向性と合っていないものもあります。

そうなってしまうとチャンスが減ってしまうので、注意しなければいけません。

提携しているところが多く様々なジャンルがあればいいですが、特定のジャンルに力を入れているプロダクションしかない場合は、自分に合っていなければ避けるのが無難です。

声優として成功するにはとても狭い門を通る必要があり、競争率もとても高いものになります。

よく考えて、自分にとって最適な道を進んでいきましょう。
 

サイト内検索
記事一覧