口コミで評判!声優を目指す上で要チェックな情報サイト

声優の仕事中の服装はどのようなもの?

アニメのキャラクターを演じたり、海外ドラマの吹き替えをしたりと顔が出ることがなくても他の人物になりきることができ、有名になればかなり稼ぐことができるようになる、夢のある職業の一つとなっているのが声優です。自らが表に立つことはないからこそ、仕事中のスタイルも自由なものと考えてしまいがちですが、身だしなみには十分気をつけておかないと仕事をもらうことができなくなってしまう可能性もあり、せっかくの大きなチャンスを逃してしまうということにもなりかねません。十分吟味してどんな服が適しているのかを考える必要があります。

 

素材には十分気をつけておく必要がある

かしこまった服を着る必要がなく、自由度はかなり高いことは間違いありませんが、素材には十分気をつけておかなくてはなりません。音に敏感な職場であり、衣擦れからシャカシャカと音がなってしまうようなものや、ジッパーやボタンがぶつかり合って音が出てしまうことがないように十分気をつけておかなくてはなりません。性能が良いマイクを使っているからこそ、些細な音でも拾ってしまうことになるので取り直しということになってしまいます。スタジオによってはかなりの人数が同じ場でアフレコの作業をすることもあり、一人のせいでみんなの取り直しとなってしまわないように気をつけておくようにすることは大前提となっています。

動きやすくて声もだしやすい服装を心がける

まだ慣れていない時には、ジャケットを着用したりスーツで臨んだりする方が良いのではないかと考えてしまいがちですが、まずは動きやすくて苦しくない服装かということをしっかり確認しておかなくてはなりません。シーンによっては、かなり大きな声が求められることがあったり、アフレコに入り込みすぎて動きをつけるというケースもあります。

その際に、動きにくい格好や声が出しにくい格好をしていると、思っている通りのアフレコができないということにもなりかねません。堅苦しい服装をしていくよりも、ラフで動きやすい方が適しているといえるのではないでしょうか。もちろんキャラクターなどになりきって衣装を着なくてはならないということも、アフレコでは行うことはありません。

気をつけなくてはならないポイントとは

かなり自由な仕事といってもよく、仕事の形態もある程度選ぶことができ、声優プロダクションにもいつまでも所属していないとならないということはありませんが、自由ということはその分自分の実力勝負ということも頭に置いておく必要があります。どんなに才能があり力もある人でも、他人に迷惑をかけてしまう人物となれば仕事をもらうことはできなくなってしまいます。マナーに気をつけるというのはもちろんのこと、身だしなみにも十分気をつけるようにして起きましょう。余計なノイズが入ることがないように、アクセサリーや服にも十分気をつけておく必要があり、何度も取り直しにならないようにしておくことが必須と言えます。

 

身だしなみの基本として頭に置いておかなくてはならないのが、無駄な音がしない素材のものを着用していくという点です。些細な音でも拾ってしまうことになるので、作業中には裸足という人もいるほど、音には敏感にならなくてはならない現場となっています。洋服を選ぶ時には、余計な音がするものが付いていないかや、素材で衣擦れが起きないのかという点に注目しておく必要があります。まだ新人という場合には、あまりにラフすぎるのも避けなくてはなりません。ラフな服装をしていて生意気だと思われてしまうと、その後仕事をなかなかもらうことができないということにもなりかねないので気をつけましょう。自由度が高い仕事だと考えてしまいがちですが、無駄な音がならないように十分気をつけなくてはなりません。

サイト内検索
声優プロダクションランキング!
IAMエージェンシー
81プロデュース
プロダクション・エース
シグマ・セブン
アーツビジョン
記事一覧