口コミで評判!声優を目指す上で要チェックな情報サイト

不登校から声優養成所や声優プロダクションを目指す方法

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/09/24

不登校の子供が「声優になりたい」と言い、声優養成所や声優プロダクションの所属を目指そうとするケースは確認されています。

実際に不登校の経験をしたプロはおり、例を挙げるなら石飛恵里花です。 彼女はまだ代表作を抱えていませんが、声優アイドルユニット「ピュアリーモンスター」を結成して日々邁進しています。

活躍はさておき、中学生の頃、不登校だった彼女がプロになれた経緯を含めて声優を目指す方法を紹介していきます。

不登校の時代を過ごした石飛恵里花はどうやって声優になれたのか

石飛恵里花は現在、22歳の声優兼モデルです。 歌手や声優のマネージメントをしているホーリーピークに所属しており、2016年から声の演技を始めています。ジャンルはアニメやゲームが主で、デビュー作は独特な世界観が特徴的なセントセールの悩みです。

ラジオ番組も持ち、舞台の経験もある石飛恵里花ですが、中学校時代は「不登校だった」と告白しています。その詳細については語っていませんが、昼休みは恐怖でしかなく、学校にいたとしてもトイレか保健室のどちらかしかいなかったようです。

中学卒業後は通信制の高校に通っていたそうですが、2012年に10代向けのファッション雑誌「Popteen」にて受賞して読者モデルになった事が声優を目指すきっかけになっています。読者モデルは高校卒業後に活動を辞めるつもりでしたが、その後進学か就職、あるいは声優になるという夢を叶えるか悩んだそうです。 そんな時に母親から夢を後押しされ、高校卒業とともにホーリーピークに所属して声優の活動を開始していきます。

つまるところデビューできたのは読者モデルという経験があるところが大きいですが、彼女は誰もが満たさなくてはならない条件をクリアしていた事も大きいです。 それは高校を卒業した事で、これを満たさない限り、声優養成所にも声優プロダクションにも入れません。

高校を卒業しないと声優になれないのは何故か

高校を卒業するという事は最低限の教育を受けている証拠です。 漢字を読めたり計算が出来たりなどしなければ声の演技は難しいと言えます。表現を生業としている世界であるため、入門するなら最低限の事をこなせなくては話にならないでしょう。

もしも文章に関する理解力や読解力がなければ、それを調べる時間に手間がかかってしまい、演技を磨く時間がなくなってしまいます。そんな事態は言語道断として扱っているのが実際のところです。

そこに不登校という経験があれば、業界の目はさらに厳しくなります。 声優の世界は縦社会であるので先輩と後輩の立場を重んじており、そこで上手く立ち回らなくてはならないです。

不登校だった事はいわば、人間関係が上手く築けなかった事を意味しています。それを解消するには、すぐさま不登校の原因を解消してコミュニケーションをつくるしかないです。

少なくとも登校を諦め、すぐに声優になるよりは高校を卒業するまで頑張ったほうが声優養成所や声優プロダクションに入りやすいところがあります。

声優養成所や声優プロダクションに入るには何をしたらいいのか

不登校の子供が声優養成所や声優プロダクションに入るためには十分なケアは必須です。 苛めや環境など多種多様な理由で孤立した子供の心は通常よりも傷ついており、そのストレスは計り知れません。

だからこそ学校に行かなくなっているため、子供がコミュニケーションできるようにするには問題解決と心のケアが求められます。 そうして高校を卒業するまでに不登校を解決できれば、声優養成所や声優プロダクションには入りやすいです。

逆に言えば何の手立てもなく、不登校というマイナスを背負っていきなり入ろうとしても門前払いが常です。 手立てがあるのは大切で、例えば中学生であれば声優の知識やスキルを専門的に扱っている高校に入学する方法もあります。

もっとも費用面がネックであるため、「専門的な高校に入るよりは養成所に入った方がいい」という認識が常識的です。とはいえ施設が充実しているのは専門学校のほうなので、多くの学生の悩みどころでもあります。

もしも迷った場合は有名な声優の経歴を参考にしたり、実績がある声優の出身校や養成所に入ったり等プロを見習う事が妥当です。

 

不登校の子供が声優になるためには学校に行けるようにしなくてはならないです。 それこそが声優養成所や声優プロダクションに入るための絶対的な条件で、これをクリアしない限りは門前払いとなります。

不登校の経験がある石飛恵里花は読者モデルだった事もありますが、高校を卒業した事も声優になれた事に役立っているといっても過言ではないです。

サイト内検索
記事一覧