口コミで評判!声優を目指す上で要チェックな情報サイト

声優プロダクションを探すときにポイントとは?

日本中にある声優プロダクションの中から自分に最適なところを選ぶのは大変な作業です。とはいえ声優として大事な進路選択なため、「なんとなく」ではなく自分が描く声優に近いプロダクション選びをしたいもの。今回は、声優プロダクションを探すときのポイントを解説していきます。

声優プロダクションに所属する必要性とは?

声優になりたいと思ったとき、必ずしも声優プロダクションに所属する必要はありません。映画やアニメの製作側が主催をするオーディションに合格すれば誰でも役を勝ち取れる実力の世界ですから、無所属、いわばフリーランスという形を取って声優活動をすることも可能です。

さらに、所属をしたからといって就職をしたわけではないため、仕事がなければ収入はありません。若手の頃は、アルバイトと掛け持ちを余儀なくされるでしょう。ところが、大半の声優がプロダクションに所属をして活動をしているのが現状です。なぜ多くの声優はプロダクションへ所属をするのでしょうか。

理由のひとつが、プロダクションのバックアップが受けられるため「デビューがしやすい」「仕事を受けやすくなる」というメリットです。自分ひとりの力では難しくても、支えてくれるマネージャーや同じプロダクションの先輩や後輩、同期から刺激を受け成長していける環境が整っているため、声優デビューに向けてプロダクション所属を選ぶ人が大半だと考えられます。

どんな声優プロダクションがあるの? 

プロダクションによって特徴はさまざま。業界では有名な歴史あるプロダクションもあれば、小規模で知名度はあまりないプロダクションまで規模も異なります。また、アニメ声優を多く輩出しているプロダクションもあれば、ナレーションの声優を多く輩出しているところもあり、プロダクションによってデビューしやすい分野があるようにも見受けられます。

詳しくは、声優プロダクションのHPなどを見てみるといいでしょう。所属している売れっ子声優の名前が記載されています。経歴の欄に主な仕事内容の記載もあるため、そのプロダクションがどの分野の仕事に強いのかある程度把握する材料になりそうです。

丁寧に見ていけば、進みやすいキャリアの歩み方や、プロダクションが持っているパイプがある程度想像がつくかもしれません。いくつかの声優プロダクションを見比べて、どのような違いがあるのか具体的にしてみるといいでしょう。 

声優プロダクションを探すポイントとは?

声優プロダクションには多種多様な種類があることをご紹介してきました。では、自分に最適なプロダクションはどのようにして選べばいいのでしょうか。

まずは、自分がなりたい声優像を明確にしましょう。アニメ声優になりたいにも関わらずナレーターばかりを輩出しているプロダクションに入ってしまってはミスマッチにつながりかねません。自身が希望するキャリアに近い声優と同じプロダクションのオーディションを受けてみたり、出演したい作品に出ている声優が所属しているプロダクションを探してみるのも良いかもしれません。

また、プロダクションの規模もチャックすべきポイントといえるでしょう。規模が大きいプロダクションであれば、業界のパイプも多くデビューにつながりやすい傾向があります。では、小規模のプロダクションだといけないのかといえばそうではありません。マネージャーや営業スタッフとの距離が近く、親身になって育ててくれるアットホームな雰囲気がマッチしていれば、声優としてのびのび成長していけるでしょう。

 

今回は、声優プロダクションについて紹介していきました。どの声優プロダクションに所属をしても、絶対に売れっ子声優になれる保証はありません。自身が目標を持ち続け、努力をしなければどこへいっても同じです。目指している声優像になるためにもまずは、自分の軸を明確にさせることが必要です。そうすれば、おのずと声優プロダクションを選ぶ軸も定まりますよ。

 

サイト内検索
記事一覧