口コミで評判!声優を目指す上で要チェックな情報サイト

声優プロダクションに所属するまでの流れ

 

職業として声優がありますが、声優になるためにはプロダクションへの所属が必要になります。

将来声優になりたいと考えるなら、声優プロダクションにどうやったら就職できるのかを考えた進路選択が必要になります。いくつかの方法があります。

プロダクションが運営する養成所からスカウト

今はインターネットなどを利用して自分自身をアピールできます。声優になりたい人なども、場合によっては動画サイトなどから自分をアピールしてスカウトされる人も出てくるかもしれません。

声優はただ単に声がいい、他の人と異なればなれるというわけではありません。求められる声がその時に出せないといけないので、声を出す技術が必要になります。そのためには一定の訓練を受け、プロとして認められる必要があります。全くの素人が声優になるときは声優プロダクションに所属する必要があるでしょうが、それまでの流れとしてはまずプロダクションが運営する養成所に入所することが挙げられます。入所が認められれば、養成所で行われる訓練に参加して技術を磨いていきます。養成所なので、すべての人がプロダクションの考えられる技術を身に着けられるとは限りません。力がない人はどんどん退所しなければいけません。一方力のある人はスカウトを受けてそのまま所属が決まることもあります。日頃から真面目に訓練を受けて訓練中などにアピールをしていると、スカウトしてもらえる可能性があります

専門学校に通ってオーディションを受けて合格する

高校からの進学先として、声優を養成する専門学校を選ぶかもしれません。専門学校を卒業すると専門士の資格が得られるなどいろいろなメリットがあります。もちろん声優になるための技術も学べるので、声を使った仕事がしたいなら進学すると良いでしょう。最終年度になるといよいよ就職先を決める必要が出てきます。声優の目指す就職先は声優プロダクションになるでしょう。

所属するまでの流れとしては、各プロダクションが行うオーディションへの参加があります。オーディションのスケジュールなどは、専門学校などが教えてくれます。専門学校によっては一定のパイプを持っているところがあり、その学校の学生のみのオーディションをするプロダクションを呼んできてくれるところもあります。オーディションは基本的には一発勝負になりますが、とにかくたくさん受けて希望のプロダクションに受かれるよう努力をしましょう。学校の授業の中にはオーディションに合格するための授業なども用意されているので、しっかり準備しておきましょう。

他の芸能活動から声優の道に進む

芸能人の中には子役と言われる人がいます。アニメで子供の役は大人でもできますが、ドラマや映画となると子供しかできないでしょう。親から無理やり子役にならされた人もいるでしょうが、子役の仕事をしているとそれなりにいろいろな経験ができます。セリフの言い方や感情表現の仕方などの仕事を通じて学べるかもしれません。声優になるためには声優のプロダクションへの所属が必要ですが、少し変わった道としては声優以外の芸能活動から入る方法があります。

俳優やタレント、歌手等の活動をしていればそれらのプロダクションで活動をすることになるでしょう。そちらから声優のプロダクションに入って声優を目指すことになります。芸能活動の実績などが認められれば、それまでに声優の経験がなかったり、養成所などに通っていなくても採用されるときがあります。ただ、声優独自の技術を身に付けないといけないときは、それを身に付けるための訓練が必要になります。

プロダクションに入る方法として、プロダクションが運営している養成所に入って訓練を受けてスカウトしてもらう方法があります。その他専門学校で技術を学び、いろいろなプロダクションのオーディションを受ける方法もあります。

サイト内検索
声優プロダクションランキング!
IAMエージェンシー
81プロデュース
プロダクション・エース
シグマセブン
アーツビジョン
記事一覧