口コミで評判!声優を目指す上で要チェックな情報サイト

声優養成所や声優プロダクションのオーディション前に親に相談するときのポイント

公開日:2019/10/01  最終更新日:2019/09/24

声優養成所やプロダクションのオーディションを受けたいことを、親にどう相談するべきか迷っている人もいるでしょう。特に未成年の場合などは保護者の同意が必要となるので、話し合う必要があります。

声優になりたいなんて認めてもらえないと感じているかもしれませんが、いくつかのポイントを意識しながら円滑な話し合いを行うことが大切です。

親に相談する前には下準備を行うべき

将来声優になりたいと考えているのであれば、声優養成所やプロダクションに所属することが、一番の近道であると言えます。そのためにはオーディションを受ける必要がありますが、未成年の場合は保護者の同意が必要です。

まずは親に声優を目指したいことを相談しなければなりませんが、相談する前には下準備を行うことが大切だと言えます。たとえば声優養成所やプロダクションを卒業した後どうなるのか、デビューしたとしてどのような仕事を行うのか、どれくらいのお金が必要となるのかなどを調べておきましょう。

ただなりたいという気持ちだけで必要な情報を調べずに相談しても、本気ではないと判断されてしまう可能性があります。準備することで本気で声優を目指したいことを説明できるようにしてください。

また、いきなり話し合いを行うと親も心構えができておらず話がうまく進まない可能性が高いです。話し合う数日前に将来について相談したいと伝えておくと良いでしょう。

親に相談するときに気をつけること

親に相談するときには、いくつかのことに気をつけなければならないでしょう。話し合いを行うタイミングも非常に重要だと言えます。

お互いの機嫌が良くないときに話し合っても、感情が高ぶってしまい冷静な話し合いができない可能性が高いです。自分の心が安定しているとき、保護者の機嫌が良いときなどを狙って話し合うようにしてください。

タイミングとしては親が忙しいときも避けたほうが良いでしょう。目に見えて機嫌が悪いと感じられなくても、疲れから冷静な話し合いを行うことができない場合があるので注意が必要です。

他には良い面だけではなく悪い面も素直に伝えることが大切だと言えます。声優養成所やプロダクションに通ったとしても、必ずデビューできるわけではありません。親もそれを分かっているからこそ、反対する人が多いと言えます。

良い点ばかり話していては現実が見えていないと思われる可能性があるので、悪い面までしっかりと話し合うことで、真剣に考えていることを親に伝えることが大切です。

親の気持ちも理解することが大切

声優になることを反対する親は少なくありません。養成所やプロダクションに所属できたとしても、デビューしたり食べていけるほど活躍できるかどうかの保証はない世界です。子供が将来苦しい思いをするかもしれないと考えるからこそ親は反対します。意地悪で反対しているのではなく、心配だからこそ簡単には応援できないということを理解しておきましょう。

心配してくれていることを理解していると親に伝えても、行動が伴っていなければ意味がありません。たとえば親が反対意見を言っているときは遮らずに話を聞くなど、親の意見も大切にする姿勢を見せることが重要です。

もし賛成してくれないのであれば、期限を決めて挑戦してみたいと相談したり、学業を疎かにしないための提案を行ったりすることも良いでしょう。いずれにしても、自分の声優になりたいという気持ちだけではなく、保護者が子供の将来を心配する心を理解して話し合いを行うことが大切だと言えます。

 

声優になりたいと考えていても、親に反対されてしまう人は少なくありませんが、本気で声優を目指したいのであれば親としっかり話し合う必要があります。相談するときに気をつけるポイントを意識して、円滑に話し合いが進められるようにすることが大切です。

サイト内検索
記事一覧