口コミで評判!声優を目指す上で要チェックな情報サイト

声優プロダクションの本所属と準所属の違いとは?

多くの声優プロダクションでは、Web等で所属声優のプロフィールや声のサンプルが掲載されるようになっています。

その際に、本所属や準所属といった一見すると解かり難い区分が為されているケースが多く見られます。

この解かり難い区分を其々の待遇の違い等も含めて、以下に説明します。

まずは準所属に至るまでの手順がある

近年は声優の養成システムが確立していて、まずは養成所で基礎的な技術や知識を身に付ける事が一般化しています。

そして卒業に前後して声優としての活動を行う場合、預かり若しくは仮所属という待遇になるケースが殆どです。

一般企業で言えば試用期間に当たるような時期であり、技術的にも売上への貢献の面でも、まだ一人前とは認められていない状況となります。

待遇としても契約は締結されているものの、雇用契約であるケースは稀な例であるのがこの待遇の特徴です。

声優としての仕事でギャランティーが発生した場合には勿論取り分が支払われますが、ギャランティーの設定自体が最低ランクである事が多く、且つ仕事量自体もそれほど多くは無い場合が殆どなので、その収入だけで生活を支えるのはまず困難な待遇です。

拠って、通常は他のバイト等を掛け持ちしたり、声優以外の仕事の方が収入の柱になっている事が多い待遇となります。

とは言え仕事自体の斡旋はしっかりと受けられますし、そこで経験や実績を積む事で次の段階である準所属が見えて来る位置となります。

一人前だが飛躍が求められる準所属

預かりや仮所属の過程で実力が認められる事で得られるのが、準所属の待遇です。

準という名称が付いていますが、一般企業で例えればこれは本採用に当たります。

従って技術的な面では一人前と認められるのですが、売上の貢献という面ではまだまだ物足りないとして設置されている待遇と言えます。

この段階になると、プロダクションによっては雇用契約を結んで給料で報酬の支払いを管理するケースが見られます。

充分に戦力であり、抱え込むような待遇となる面が増えて来るのです。

また、仕事の斡旋や営業活動についてはより強化が図られる時期でもあります。

ここからより実績を積む事で、ギャランティーの増加や売上への貢献が行えるようになる段階である為です。

そして技術的には認められている一方、基礎的な演技力以外のものが求められ得る状況になるのも、準所属の時期です。

声優としての個性を如何にアピール出来るかが大事な時期で、軌道に乗って需要・人気が高まればいよいよ本所属への道も拓けて来ます。

看板としての役割が大きい本所属

そして正所属とも呼ばれる本所属の待遇を得る事は、誰しもが一人前の声優と認める証にもなります。

本所属になる為の明確な基準がある訳ではありませんが、通常は売上に貢献出来るようになっている看板レベルの声優が得られる地位であり、一般企業に例えればさながら出来の良い営業マンといったところです。

この段階では通常、仕事の斡旋や営業の優先度は準所属と比較して下がって来ます。

その理由は自身の知名度や実績で指名を得られるケースが増えて来るからで、継続的に仕事を得られる可能性が高いからです。

そうして需要の高さが証明される事で、ギャランティーも上昇し易くなります。

給料制の場合にはギャランティーとの乖離が出て来るので、適切な報酬の支払いの為に、雇用契約を歩合制に切り替えるケースが多くなります。

生活も声優の仕事一本で支えられるようになるので、類似する芸能活動を除いては完全に声優として特化するようになって来ます。

一般への知名度が高くなるケースもあり、待遇と共にしっかりとした地位と名声を確立して行く段階になります。

声優は養成からの段階で、仮所属・準所属・本所属という3つの段階を経て行きます。

それぞれの段階で報酬面の待遇や仕事斡旋の度合等が変化し、ステップアップする事で技術や経験が認められて行くシステムが確立されています。

サイト内検索
声優プロダクションランキング!
IAMエージェンシー
81プロデュース
プロダクション・エース
シグマ・セブン
アーツビジョン
記事一覧