口コミで評判!声優を目指す上で要チェックな情報サイト

声優プロダクションの移籍は可能?

プロダクション所属を果たし晴れて声優になっても、数年後には別のプロダクションを移籍する声優は珍しくありません。

なぜ、移籍をするのでしょうか。また、移籍は簡単に可能なのでしょうか。声優の働き方についてご紹介します。

 

声優プロダクションとは?

声優プロダクションは、いわば声優が所属する会社です。出演作品の案件を受注してきてくれたり、マネジメント業務や給与の管理など、声優が声優業だけに注力できるよう事務スタッフがサポートしてくれる環境が整っています。

また、組織に所属しているとコネクションやパイプの繋がりで作品への出演が可能な場合があります。番組制作の人たちへ声優を売り込むのもプロダクションの仕事となり、プロダクションの営業力によって獲得できる仕事も増えるでしょう。

プロダクションに所属せずフリーランスで仕事をしていくとなると、自分が社長でありマネーシャーでありプレーヤーですから営業活動から事務処理、マネジメント業務をひとりでおこなわなければなりません。また、業界のパイプを使って仕事を獲得していきたいと考えると、最初からフリーランスでの活動は不利になるでしょう。プロダクションに所属していれば、個人でのつながりがなくてもプロダクションとして接点があれば、仕事をもらえる機会に恵まれます。

また、メンタル面でのサポートや、声優育成の役割も担っているため、声優にとってプロダクションは居場所にもなります。先輩からのアドバイスやマネージャーからの指導など、多くの経験を積むことができるでしょう。

 

声優プロダクションを移籍する理由

声優プロダクションは、一般の人でいうところの会社ですが、給与は仕事量に応じて支払われます。よって、安定した固定給制度ではではありませんし、プロダクションに所属したからといって就職したわけでもありません。そのため、新人は仕事が少ないためアルバイトで生計を立てる人がほとんどです。

自分の技量が足りないことが要因で満足のいく仕事ができない場合もありますが、プロダクションと自身との方針が合わず、良いパフォーマンスが発揮できない場合もあります。事務スタッフとの人間関係や給与はプロダクションによって異なるため、自分とマッチしていないとストレスに感じてしまうでしょう。

プロダクションの移籍は、声優にとって会社を転職するようなものです。経営方針や、声優を養成する方向性、ポリシーも各プロダクションによってさまざま。自分とマッチしていない組織で最高のパフォーマンスを発揮するのは難しいため、所属しているプロダクションとのミスマッチを感じる声優は、より自分に合ったプロダクションへと移籍する人も少なくありません。

 

声優プロダクションを選ぶときのポイント

声優プロダクションには、それぞれカラーがあります。アニメ声優育成に力を入れているプロダクションもあれば、ドキュメンタリーや洋画の吹き替えの声優を育てることに長けているところまで。特徴は多様です。そのため、まずは自分自身が描く声優像を明確にするところから始めましょう。

声優プロダクションは、日本全国にたくさん存在します。どれかひとつを選び取る基準は自分の目指す声優像に近いプロダクションかどうかで選びましょう。できることなら気になるプロダクションに所属している声優から実際に話を聞ける機会を得られるとさらに良いです。一緒に働く人の様子やプロダクション内の雰囲気を知り、自分に合っていると確信を持てるかも大事な選択基準です。

声優のプロダクション移籍について解説してきました。声優は働き方が自由とはいえ、一緒に働く人や方向性の相性が良い方がパフォーマンス向上に繋がるといえるでしょう。

サイト内検索
記事一覧